パンティーギャグ(panty gag)とは一体何であるか。字面から推察するに、パンティーを素材とした猿轡の総称であると思われる。但し、素材とするにも使用方法によって外見等が著しく異なってくるため、此処では以下の二つに分類してみたいと思う。
 まず、女性の頭部にパンティーをすっぽり被せてしまう形状のものがある。ハーモニー社のボンデージライフ誌等でよく見かけたものである。パンティーを被せただけでは猿轡としての機能を果たせないから、被されたパンティーの下もしくは上に、実質的な猿轡が布等で施してある。これを仮に「パンティー被せギャグ」(panty covered gag)とでも名付けておこう。
 それとは別に、パンティーを女性の口中に押し込んで、その上に布やテープで蓋をする形状のものがある。こちらは「パンティー詰め物ギャグ」(panty stuffed gag)とでも名付けられようか。
 一般的には両者それぞれがパンティーギャグと称されているようである。確かに素材としてパンティーを利用している点は共通している。またパンティーギャグのファンの方から聞いた話によると、女性に一種の屈辱感を与えているように見えるのがパンティーギャグの魅力であるとのことで、これも両パンティーギャグが有する性質であり類似点でもある。実際のところ、どちらのパンティーギャグが主流なのかは判らないが、それぞれにファンが存在することだけは間違いない。
 隷嬢寫眞館オリジナル作品では目下のところパンティーギャグは殆ど確認出来ていない(最近のものでは、DHOG-004『熟女緊縛 逃げられない女』にパンティー詰め物ギャグが登場する)が、地獄乃道化師作品はパンティーギャグの出現率が高いので、興味のある方は地獄乃道化師作品を確認してみてほしい。
 なお、女性が身につけたものを素材とする点でパンティーギャグに類似するギャグ類として、パンストギャグ、ストッキングギャグ、シューズギャグ、フットギャグ、等が存在するが、これらについてはまた後日検討したい。
【初出:着装文化工房2013年7月21日】  

DHOG-004(01)

DHOG-004(02)

DHOG-004(03)

DHOG-004(04)

DHOG-004(05)

DHOG-004(06)

DHOG-004(07)

DHOG-004(08)

DHOG-004(09)

DHOG-004(10)

DHOG-004(11)

DHOG-004(12)

DHOG-004(13)

DHOG-004(14)

DHOG-004(15)

DHOG-004(16)

DHOG-004(17)

DHOG-004(18)